書籍という高い信頼性のあるメディアと、書店という地域の情報センターを活用し、著者の想いを世に伝え、著者と読者をつなぐ。
それがJMCの出版です。

日本のメディアを
正しい方向に導きたい!
まずは出版界から変えていく!!
そんな想いの基に集まった、
出版+プロデュース+営業集団、
それが、
JMC日本経営センターグループ。
著者の想いを引き出し
伝わる形の売れる本を作り上げ
きちんと売って必要な読者に届ける。
そして、読者と著者の
「本を超えた」絆を繋げる
JMCはこんな活動をしています。

PRO出版

企画のプロが売れる企画を作り、提案します。
そして著者の将来構想に沿った企画を共に選び、
編集のプロが売れる本を作り、
販売のプロが本を売ります。
そして、著者と読者をつなぐ仕掛けを
マーケティングのプロが提案します。
著者の想いを形にして読者とつなぐ、
戦略的出版パートナーによる出版。
それが、JMCオリジナルの「PRO出版」です。

本から広がる体験

本の弱点は、読書以外の実体験を提供できないこと。
書籍からだけでは得づらい、読者と著者との繋がりや体験を創り出します。
書店店頭・オンラインのトークショー、セミナー、著者のコミュニティなどなど・・・
本は入り口と考え、
読者=ファンと著者とを繋ぎます。

サービス

PRO出版

企画のプロが売れる企画を作り、編集のプロが売れる本を作り、販売のプロが本を売ります。
著者さんの、戦略的出版パートナーによる出版、それがJMCオリジナルの「PRO出版」です。
頭の中に眠るアイデアや経験が引き出され掛け合わされ、独自コンテンツが売れる本の企画に仕上がります。その内容に最もふさわしい出版社と最高の1冊を作り上げましょう。
さらに完成した渾身の1冊を、書籍販売のプロが多くの読者に届ける。その上で、著者と読者=ファンとの新しい体験を繋げます。

ライターサービス付き
自費出版パッケージ

著者は1文字も書くことなく、コンテンツを喋って頂く事で1冊の本が出来あがります。
基本、200部を著者さんの手元にお届けし、100部は弊社ルート(Amazon)で紙書籍として販売致します。
もちろん、Amazon販売ですので、お知り合いに自身の著書を購入頂くことも可能です。重版時に費用はかかりません。
届いた本は名刺がわりに配布したり、教材として活用頂く、自社の歴史を記録に残す、記念に自叙伝を発行するなど、用途は多数あります。
印刷部数やページ数、カラー対応等、イラスト・マンガを加えた構成など、ご相談に応じます。

出版への想い

読者に情報と体験を通して
感動と成長をお届けするために
革新し続けます。

この3行をJMCの理念に決めたのは
業界に革新を起こすため。

・・・・・・・・・・・・・・・

私たちは本と本屋さんに
育てられた。

行くたびに楽しい本との
出会いがあった
街の本屋さん。

そんな楽しい本を作ってくれた
出版社と本屋が今、苦しんでいる。

そんな出版業界を
なんとかするため、

さらに
日本により良い情報を伝え
日本を元気にするために、

JMCは良質なコンテンツを
提供し届け続けます。

同時に本という
メディアでは果たせない
      「体験」
それを提供する仕組みを
作り出し続けます。

代表取締役社長 津嶋 栄

今後の発刊予定

『ズレを超える職場学(仮)』井上幹世 著
『Art of the Significant 〜至高の領域に生きる〜(仮)』ダン・クラーク著
『俺が守る! 〜夢のマイホーム実現計画〜(仮)』沖村鋼郎著
『子供に伝えたい帝王学(仮)』中澤弘幸著
『イレギュラー病棟24時(仮)』大河内昌弘著
『ペットの病気予防(仮)』くどうみほ著
藤間さん、八角さん、菅野さん、上領さん、小林さん、岩崎さん他、
続々制作進行中

ご期待ください。

プロデュース事例

『開運!チェリー⾵⽔』
最強の部屋がお金を増やす!
一級建築士が、中国伝統風水をもとにした「チェリー風水」で、運氣を上げ、金運と幸運を呼び込む方法を指南します。
天野千恵里 著
(フローラル出版)

『ながら投資生活』
TORANOTEC投信投資顧問株式会社 著
漫画家MAKO. イラスト
(フローラル出版)

マンガで学ぶ
『営業の超基本』
これだけやれば
誰でも、売れる!
営業戦隊ウレナインジャーの成長ストーリー
小松麻美 著・今井晶也 監修
(フローラル出版)

『絆徳経営のすゝめ』
100年続く一流企業は、
なぜ絆と徳を
大切にするのか?
清水康一朗 著
(フローラル出版)

編集進行中

『ビジネスを急加速させ
武器を手に入れる
最強のコミュニティ』
松岡 督明 著
(フローラル出版)

『パフォーマンス
・ラーニング』
たった4つのステップで
「結果を出す」
組織に変わる!
片桐 康宏
ドングショー・リー 著
(フローラル出版)

『現在の自分をお金に変える方法』
深作 浩一郎 著
(フローラル出版)

『夕日が青く見えた日』
ピカソが
未来を託した画家が語る
本物のアート思考
松井守男 著
(フローラル出版)

『おうちネットショップ』
少ない資金で
スキマ時間を使って
子育てをしながら
在宅ワーク
山本 祥輝 著
(フローラル出版)

『健康医学』
100名の現役医師による
最新版
家庭の医学! 
梅岡 比俊 編
(フローラル出版)

『ブレンディッド
・ラーニング』
新リモート時代の
人材育成学
小仁 聡 著
(フローラル出版)

『名医が教える!
子育て学』
悩めるママさんへの
58の回答
小暮裕之 著
(フローラル出版)

『ごちそう煮たまご』
料理のプロに
こっそり教わる
煮たまごレシピ
源川 暢子 著
吉田 麻子 監修
(フローラル出版)


『こころの鏡の法則』
畔津 大輔 著
人生を思いどおりに
生きるための
37のヒント
(フローラル出版)


『すごい株式投資』
少額からでも
確実に増やせる! 
資産を1億円にする
白坂 慎太郎 著
(フローラル出版)


『ゼロからの二代目経営』
実力ゼロ
経験ゼロ
引継ぎゼロの
事業承継物語
大原照平 著
(日本経営センター)


『常識をくつがえせ! 
小さいは、強い』
町の電気屋
VS
巨大量販店
1450日の攻防
江藤 健続  著
(フローラル出版)


『史上最強のCEO』
すべてのリーダーに捧ぐ
経営者が克服スべき
「7つの大罪」とは?
ジェームス・スキナー 著
 (フローラル出版)


『お金に困らない人の
 投資の考え方』
資産1億円を
実現するための
4つのステップ
八乙女暁 著
(フローラル出版)


『シリコンバレー式 
 世界一の子育て』
子供の才能を
120%伸ばすために
親ができること
中内玲子 著
(フローラル出版)


『自分でできる
治療院選び』
整骨、接骨、ほねつぎ、
はり、整体
いったいナニがとう違うの?
吉田 崇 著
刈谷 真爾 監修
(フローラル出版)


『ウィルスに
 負けない生き方』
新型コロナウイルスで
死なないために
ウイルス対策の決定版!!
刈谷 真爾 著
(フローラル出版)


『THE EAT』
人生が劇的に変わる
驚異の食事術
アイザック・H・ジョーンズ、石川 勇太 著
(扶桑社)


『ワハハ本舗の
 まけないレシピ』
安くて簡単おいしい
神レシピ集
星川桂 著
(新星出版社)


『歯科経営2.0』
松岡督明 著
(日本経営センター)


『ビンボー病の治し方』
お金がないと嘆くやつほど
お金を大事に使ってない!
しんのすけ 著
(あさ出版)


『「最高の死に方」は
そんなに難しく
 ないみたい』
何を大切に
生きればいいのか。
刑部登志子 著
(総合法令出版)


『史上最強のCEO』
信頼を得て
顧客を満足させ
利益を高め
世界を変える!!!
ジェームス・スキナー 著
 (フローラル出版)


『お金に困らない人の
 投資の考え方』
お金の降り注ぐ
世界へようこそ!
八乙女暁 著
(フローラル出版)


『本当に必要な
英会話フレーズだけを
1冊にまとめました』
たった7パターンで
95%伝わる!
山内勇樹 著
(フローラル出版)


『外科医が自然と集まる最高の病院経営』
横山義信 著
(日本経営センター)


『SNS時代のMLM最新テクニック』
 村井祥亮 著
あなたは会社選びから
間違っていませんか?
(フローラル出版)



『お金が欲しい!!!』
パンダ渡辺 著
(あさ出版)


『君が迷っている
間にも
世界の誰かが
成功していく』
小西玲太朗 著
(あさ出版)



『絶滅危惧職種図鑑』
七里信一 著
(あさ出版)


『億万長者専門学校
【仮想通貨編】』
クリス岡崎 著
(あさ出版)




著者の声

ジェームス・スキナー様

『史上最強のCEO』著者

初版100万部という大きなチャレンジは、私の夢のひとつでした。
例えば『7つの習慣』のときは2万部印刷して強気だと言われた。17冊のベストセラー、累計300万部位を出したところで、100万部もやれば出来ると思い始めました。
フローラルを選んだ理由は、旧知の栄ちゃん(津嶋栄)に挑戦心、夢があるからでした。この社長だったら、できるんじゃないかと思った。最近では他の出版社はアグレッシブな挑戦をしたがらない。
出版してプロモーションをみて、書店内の広告の積極性には驚きました。書店のエスカレーターのベルトまで広告になっていた。
制作については、私自身がクセのある著者で、独自の手間のかかるプロセスを要望したのですが、編集さんがよく付き合ってくれたと思う。編集者と一緒に声に出して全文読み合わせするなど、時間のかかるプロセスに最後まで付き合ってくれましたね。
これから本を出すことを考えるなら、中身はもちろん大切だが、一番の要はやる気がある出版社と編集者であること。予算も時間もやる気が無いとかけてくれない。出版社の中でやる気のあるキーパーソンを探すのはとても大変だが、フローラルはその意味でもありがたい出版社だった。
出版してコンサルティング等のビジネスには好影響があった。ビジネス拡大につながっている。業界としてコンサバティブで、プロモーションのチラシも挟んでくれない事が多いが、フローラルはトータルにビジネスを見て、積極的に成立させようとしている希少な出版社だと思う。
これから本を書こうと言う人には、まず、書けるということをわかってほしい。書ける条件とは「本当に伝えたいメッセージがある」という事、それだけ。
なので、出版社/編集者にメッセージを伝えて相談することからスタートするといい。本の作り方はいろいろある。自分で書く方法も、ライターに文章を作ってもらう方法も、どちらも立派な執筆活動。
最初は相談してこのメッセージは本になりますか?
と聞くことから始めよう。

ジェームス・スキナーさんの動画を見る

中内玲子様

『シリコンバレー式 世界一の子育て』著者

出版のきっかけは、私が長年培ったこの幼児教育の方法や考えを、一度本にしてまとめてみたいと思ったことです。
思っていたよりも、出版の最初から最後までとてもスムーズで、アメリカにいながらでも、ほぼ全ての作業を終えることができました。

自分でもビックリしていますが、出版した後は、ワンステージ、自分を取り囲む状況が上がったように思います。本当に想像もしないところから講演の依頼があったり、元政治家の金子恵美さんに本を読んでテレビの情報番組で推薦して頂けたりという、想像もしなかったことがいろいろと起きました。
出版する前は自分の考えをうまくまとめられないのでは、と心配していましたが、実際に編集チームと一緒に作っていく過程で、編集チームに協力してもらい、自分の考えをまとめられたので、スムーズに本にすることができました。
もし今悩んでる方がいましたら、あまり深く考えずに、まずは相談してみるといいと思います。

中内玲子さんの動画を見る

小暮裕之様

『名医が教える! 子育て学』著者

一番苦労したのは、誰に向けた本を作るか、という部分でした。
医院の経営をしているので、医者向けに経営の本を作るのは想像がつきやすかったのです。ただ、今回は、子育てをしている小児科医として「親御さんに向けた本」という提案がありました。
迷いましたが「食べる」「遊ぶ」「体」「学ぶ」「躾」という5ジャンルに基づいて、質疑応答で進めて頂いたのがやりやすかったです。

毎週、MXTVでコメンテーターをしていますが、その番組の紹介テロップに「『名医が教える!子育て学』の著者」との紹介が加わりました。
あと、番組内に「ドクター小暮が教える子育てのお悩み解決」という、僕専用のコーナーができたのが、この本を出した大きな変化じゃないかなと思います。
出版を悩む一番大きなハードルは「自分自身で書けるのか?」と言う部分だと思います。
でも、自分で書けなくて大丈夫です。

つまり、今までの人生や仕事から得られた知見や多くの経験があるので、それがもう本になるんですね。その知見や経験を話せればいいのです。その場で出てこなくても、調べて話せればいい。それで十分本になるので、気軽に出版という門を叩いてほしいなと思います。

小暮裕之さんの動画を見る

江藤健続様

『常識をくつがえせ! 小さいは、強い 町の電気屋 VS 巨大量販店1450日の攻防』著者

僕が本を出すなんて考えていませんでした。私は本を読むのも苦手なので、そんな人が本を出すなんて、そもそも無理と思っていました。
決心したきっかけは、津嶋社長から「こんなコンテンツ持ってたら逆に本にしないのはもったいないよ」と言われたことでした。
出版してみて、作業的な大変さはなかったので、著者としてもう1冊出してもいいかなと感じています。

僕の場合は持っていたストーリーに話題性があり、何回も講演をしていました。回数を重ねるごとにネタ・ストーリーが増えており、保存していた発信ネタを、プロの編集に整理して頂いたので、ストレスは少なかったです。
インタビュー形式で話しててそれが文字化されていくので、僕が書く作業は少なかったと思います。
出版して良かったっていうのは、本が売れたこと。ただ出して終わりじゃなく、しっかり販売のサポートしてくれて、アマゾンランキング1位とか実績がありました。これ、みんなにびっくりされて、自己紹介がすごくしやすくなり、自分の権威性が上がって、商談がスムーズになりました。
一番驚いたのは神田昌典さんから対談のオファーです。彼がよく行く書店で僕の本を見かけて声掛けされたそうです。他にも知らない国会議員の先生から連絡があったりしました。

出版したほうが良いか悪いかなら、絶対したほうがいいです。
売れても売れなくても、成果はあります。数少ない「著者」と言う立場になる、それだけで素晴らしいし、自信につながります。

私は高卒で文才なんか全然ない。そんな僕でも出版できて、いろんな人から褒められたこと自体が嬉しいです。やっぱり皆さんにとってもきっと良いことがあると思うので、出版することをお勧めします。

江藤健続さんの動画を見る

畔津大輔様

『こころの鏡の法則』著者

出版と聞いたその瞬間に閃いて、迷わず出版を決めました。
出版社はどこでもいいけど、出会って決めたので、津嶋さんの出版社しか考えませんでした。

私自身がコンテンツに悩んだので、決心から出版まで、3年かかりました。出版によって自分の意見や、感じてた違和感を吐き出したいと思っていましたが、私自身に心の土台が出来ていなかった過去を振り返ると、本を出すまでの3年間で、考える事、自分と向き合うこと、学ぶ事、気づかないといけない事がたくさんあり時間がかかりました。
本来、本を出す場合は、それまでの知識と変えたものを出すものと思いますが、私の場合は出版を決めてから得たものが本になっています。だからこそ、出版までの3年間というのは、すごい気づき学びが多くて苦労しましたが、かけがえのない時間でした。
出版を悩まれている方には、是非、オススメしたいです。
私は出版するにあたって、出版前に思ってたもの以上を得ることができました。特に、自分で書いた内容が、自分との約束ごとや、覚悟になった事が大きいです。
最初は読者さんのために出すと思ってましたが、今ではどの読者さんよりも、自分で書いたことを自分との約束事として、しっかり実行しています。
なので、本を出そうか少しでも迷われているなら、是非出してみてください。
絶対に出す前より、出した後に大きなモノが得られると思います。

畔津大輔さんの動画を見る

会社概要

JMC
会社名 / Corporate name 株式会社 日本経営センター
Japan Management Center, Ltd
所在地 / Locations 〒163-0649
東京都新宿区西新宿1-25-1
新宿センタービル49階 +OURS内

+OURS, Shinjuku Center Building 49th
1-25-1, Nishi Shinjuku, Shinjuku ku,
Tokyo, 163-0649
連絡先 / Contact jmc-info@jmcenter.org
代表取締役
 / Representative Directors
津嶋 栄 Sakae Tsushima

設立 / Foundation 1987年 9月 12日
12 September 1987
事業内容 / Business description 出版プロデュース、出版関連教育事業他
Book Publish Produce, Education related to the books
etc.
グループ会社
   / Group business units
株式会社フローラル出版 / Floral Publishing., Ltd.
株式会社BRC / BRC Ltd.
グループ顧問 / Group Advisor 小島俊一 / Shunichi Kojima
ジェームス・スキナー / James Skinner
大野正人 / Masato Ono
箕輪厚介 / Kosuke Minowa
事業内容 / Business description 出版プロデュース、出版関連教育事業他
Book Publish Produce, Education related to the books
etc.

アクセス / お問合せ

JMCへのお問い合わせはこちらまでご連絡ください。

【 jmc-info@jmcenter.org 】

Facebook、Twitter、Lineでも情報発信しています。
Copyright 2022 JMC
東京都新宿区西新宿1-25-1
新宿センタービル49階 +OURS内